小説家鈴木輝一郎のはてな日記

公式サイト(http://www.kiichiros.com)のブログ版です

2017年11月14日(火)十万円の時計はおあずけ。

f:id:kiichiros:20171114173636j:plain

写真は二十年前、推理作家協会賞の正賞で貰ったモバードの腕時計。
裏に「第47回日本推理作家協会賞 鈴木輝一郎殿」と刻印してある。推理作家協会の会計報告で11万円ってのが判明している。ネットでチェックすると上代はおおむね20万円相当。このモデルはいまでは廃番になってます。

ながらく額にいれて飾っていたんだけど、さすがにいつまでも飾っておくのもいじましいというか、もうそろそろ上代20万円の時計を身につけてもバチは当たらんトシだろうと額から取り出し、オーバーホールにだした。

待つこと一ヶ月。今日、届いたのでさっそくいそいそと箱から出して時間を合わせてみた──けど動かない……なにせ秒針がないうえ、ごらんの通り、十二時の位置の丸以外なんにもないので、すぐには止まっていることもわからない。

まあ、良心的な修理店で、「保証期間内に異常が出たら返送ください」と着払いのクロネコヤマトの伝票がついていたんで、担当者に電話して動かない旨、連絡をいれて返送。

なにせ、23年前にもらって以来、一度も腕に締めたことがないので、はたして動くかどうか。せっかく楽しみにしてたのにね。再起不能だったらモバードの別のモデルを買おう。このモデルは別格だけど、ふつうのモバードは「そう高くないけれどそれなりの場所に締めていっても恥ずかしくない程度のランク」だそうなんで。

2017年11月12日(日)岐阜ダルクバザーのお手伝いでござる

薬物依存症リハビリテーションセンター・岐阜ダルクのバザーのお手伝い。名古屋のカトリック東山教会。
朝4時半に目覚ましをかけ、シャワー浴びて髭そってハンドル握って岐阜ダルクに朝6時半に着いてダルクの仲間二人をピックアップ。
ちなみに今日は他の仲間はルーテル岐阜教会でバザーに出店。名古屋へゆく車がないので、ぼくが足でござる。

遠山施設長と現地で合流。テントと会場の設営をすませて礼拝(カトリックだからミサですな)に。
カトリックの礼拝は何度か出ているんですが、ルーテル教会とはけっこう勝手が違うので、わりと右往左往します。それにしてもカトリックは信者さんの数が圧倒的に多いのでびっくりしますな。
あと、神父先生の説教がものすげえ短い。いつも説教ではかならず寝落ちするんですけど、眠くなる前に説教が終わった。

11時にバザー開始。
支援者のみなさんから寄付していただいた品を販売する。ぼくはいつもいただきものの本を寄付しているんですが、せっかくなので古い自著も何冊か持ってゆきました。「著者がサインしますよ」ってPOPつき。ちなみに、ちゃんと売れました。この仕事をやって26年、初めて自著が目の前で売れる瞬間に立ち会ったでござる。

バザーの主たる目的は、もちろんバザーの収益をダルクの活動費にすることもあるのですが、それ以上に、
1)ダルクの存在を一般に知っていただくこと
2)ダルクの仲間が「売り子」をやることで社会復帰の訓練をすること
が重要なんだそうだ。

カトリックの教会の催し物に参加するのはこれが初めてで、意外なこともけっこうある。
いちばんびっくりしたのは、バザーで酒を売ってて、教会の中で一杯ひっかけているひとがけっこういたこと。ワインのほかにビールとか酎ハイとか。プロテスタントの教会は、多くの場合、教会の敷地内では禁酒なんで。
カトリックというと厳格なイメージがあるんだけど、ここいらのところはなかなかおおらかでござんした。

あと、ミサのなかで七五三のお祝いをしていたのも意表を突かれました。ルーテル教会の場合だと「こども祝福式」って扱いなんですが。
神父先生が七五三の飴をこどもたちに配ってましたが、あれはどんな飴なんだろう。ちょっと欲しかったでござる。

2時に閉店。撤収作業を手伝い、4時半ぐらいに岐阜ダルク・ステップハウスに帰還。
岐阜ルーテル教会組は4時閉店で撤収作業中とのことで、売れ残った在庫類を倉庫に片付けて帰還。

早起きしたのと、たくさんの人に会ったのと、車の遠出でけっこう疲れたんで、午後8時に就寝。

岐阜ダルク後援会としての仕事、岐阜ダルクができたばかりのころには人手が足らなかったので駐車場係だとかの雑用をけっこうやってたんだが、このところ仲間が増えた。
男性6人、女性6人、専任スタッフ3人、という具合だと、人手は足りている。月に一度の会計監査と、年に5回の会報の編集だけで、めっきりヒマで、ちとさみしいなー、と思っていた矢先のバザーのお手伝い。
けっこう楽しいいちにちでござんした。

 

f:id:kiichiros:20171113164107j:plain

小説家のプロデビューを目指すならまず中学国語のおさらいを

小説家になるためにはまず国語のおさらいから。
 
鈴木輝一郎小説講座の受講生には「くもんの中学基礎がため100% 中学国語 文法編」を必ずやるように伝えている。もののたとえではなく、「何が書いてあるのかわからない」ケースがけっこうあるんで。
 
「読解編」まではよかろうと思ったんだけど、いま、だだーっと解いてみて、痛感した。このレベルで読解力に問題があるケースが意外とある、ってことと、中学レベルの古文や漢文の知識は意外と日常生活でも遭遇するので、やはり必要だ。
 
中学国語だから、凝った読解なんてない。書かれてあることを書かれてある通り読み取る。
小説を書こうという人は、けっこうな割合でこの部分で躓く。
プロの小説家を目指すのであれば、国語をきちんとおさらいするのは必須だよ、ほんと。

山上たつひこ『がきデカ』は40年経っても凄かった

山上たつひこがきデカ』自選集。昨日、山上たつひこバーゲンデーで0円だったのでまとめて買った。
いやぁ、なにせ40年ぐらい前の作品なんでさすがにアレだろうと思ったんだけど、いま読んでもお下劣さが暴走し、電車のなかで読んでて笑いをこらえるのが大変。下ネタ炸裂で、もう、くだらないくだらない。すごいよなあ。
ちなみに秋本治が「こち亀」の連載をはじめたときのペンネームが「山止たつひこ」だったことを覚えている人はどのぐらいいるかなあ。
山上たつひこ、小説も素晴らしいんだけどとにかく寡作で…… また小説書いてくれないかなあ。
とりあえず、騙されたと思って買ってください。Kindle版なら安いよ。
がきデカ 自選集1

がきデカ 自選集1

 

読めば読むほど面白い小説に出会えなくなる現象についての確率からの解説

今年のミステリベストテンを選ぶ時期になった。

「最近、面白いミステリがなくて」と口にする人向けの話。

確率の文献を読んでいたら、「婚活をすればするほど最高の相手に出会いにくくなる」というのがあった。

ある観測系列において、それ以前の最高の値になる場合を『記録値』と呼ぶ。

この場合、n番めに観測されたものが『記録値(それまでの最高のものであること)』である確率は、1/nになる、という法則。

ひらたく言うと「後になるほど、次にあたるものが前回の最高値を上回りにくくなる」ということ。

婚活1回めに出会った人は比較するものがないので、「1度めの記録値」と考えます。これを上回る婚活相手に2度めに出会うためには、婚活7回めに出会った人となる。

こんな具合で、5度目にそれまでの記録値を上回る婚活相手と出会うためには、何回婚活をしなければならないかというと、147回必要なんだそうだ(鈴木義一郎『統計学で楽しむ』)

つまり何が言いたいかというと。

1)トシをくってくると「昔のミステリは良かった」ってな戯言がつい口をついて出てくるけど、それはミステリの巧拙とは無関係に、単に本人の読書経験からくる確率の問題だぜ、ということ

2)だからトシを食うと昔読んだ作品を上回るものを探そうとすると、若い読者よりも沢山読まなきゃいけないよん、と自戒しろよということ

のふたつなんでござる。

amzn.to

2017年10月28日(土)鈴木輝一郎小説講座のまとめとか

2017年10月28日(土)鈴木輝一郎小説講座のまとめとか

今回の講座は技術に泣かされた講座でござんした。

 

Wi-Fiルータが2年で壊れたので新調し、そのセットアップ。たいていここでつまずくんだが、うまくいったので鼻歌うたって本収録──したんだが思わぬところでコケた。Skypeが突然使えなくなった。Skypeに障害が発生したか、そんなところらしい。

 

やむなくプライベートのガラケーハンズフリーモードで作品講評。

Skypeは使いにくく、利用者も海外在住の受講生はSkypeに慣れているけど国内に住んでいる限りSkypeはほとんど縁がないから操作に戸惑うことがおおく、事前の動作テストが欠かせない。

しかしなー……ガラケーハンズフリーモードでなんとかこなせるのなら、講義専用に携帯をひとつ持ったほうがいいか(LINEはセキュリティに疑問があるので選択肢にはない)。月に一度しか使わないので、固定費がかからず、受信での会話がほとんど、という流れからすると、ソフトバンクプリペイド携帯がいちばん低コストか。

 

結局、1時45分から5時半まで講義をやって、コマとコマの間のインターバル──というか、Skype接続で難渋したタイムロスが大きく、帰宅してタイムロスの部分をカットすると2時間10分ぐらい。

アップロードして配信。

いまデニーズでイアホンを耳に突っ込んでひとり反省会。前日に合気道ででけえ声を出したせいか、喉もそれなりに暖まっていて、比較的滑舌がよいところがいいかな。

 

ただ、「婚活が趣味なんですが、美人が好きすぎて」という質問があったんで、「どんなタイプの美人が好きかを考えなさい。たとえば吉永小百合石川さゆりと橋本環奈では口説きかたが違うだろ」と答えたら、リアル出席した女性の受講生から、「三十そこそこの男性に吉永小百合はないと思います……」と突っ込まれたでござる。美人の感覚も古くなっていくのかしらん……

https://www.facebook.com/kiichiro.suzuki

【業務連絡】鈴木輝一郎小説講座受講生のみなさんへ 2017年10月28日の講座動画&音声を一斉配信しました

●業務連絡(2017年10月29日記)
 鈴木輝一郎小説講座受講生のみなさんへ
 2017年10月28日の講座動画&音声を一斉配信しました。確認してください。

www3.famille.ne.jp