小説家鈴木輝一郎のはてな日記

公式サイト(http://www.kiichiros.com)のブログ版です

8月27日(日)鈴木輝一郎小説講座名古屋公開講座にいったい何人くるか

2017年8月21日(月)午後5時
朝5時起床。とにかくPC立ち上げて、
1)8月27日(日)の鈴木輝一郎小説講座名古屋公開講座のアシスタントに打ち合わせ表を書いて送信。

2)歴史人の歴史コラムを2本書き、東急ホテルのPR誌「Comforts」の「歴史『空想』対談」の本文のまとめを書いてハンドル握って外。

3)ブラジルから大垣ルーテル教会に研修にきている牧師先生の電話がつながらなくなったとのことでお宅にお邪魔して電話をチェックすると日本語で「残高不足です」と(短期研修なのでプリペイド携帯を使うことにしました)。
 牧師先生をショップにお連れしてチャージ。あと、チャージの段取りをメモで書いて、「日本語で『ZADAKABUSOKU』と聞こえたら、次からはここでチャージしてください」と伝達。
 もちろん、ぼくは英語もポルトガル語も話せない。牧師先生、ものすげえ勢いで日本語を吸収してます。

4)それからハンドル握ってルーテル岐阜教会へ。
 薬物依存症リハビリテーションセンター・岐阜ダルク後援会の定例会議です。
 今日の出席者は、NPO岐阜ダルクから遠山香施設長、勇陽子女性ハウス責任者、山田興久ステップハウス担当。岐阜ダルク後援会から齋藤幸二会長、神山明会計担当、鈴木輝一郎
 会計報告と活動報告。施設がかなり手狭になったので拡充&フロア引っ越しの話とか、会報『鵜鮎つうしん』の編集会議とか。

 それにつけても、8月27日(日)はどのぐらい集まるかスリルがあるでござる。
 小島環さんの販促も兼ねているんだから講談社に声をかけておけばよかったか、とか、いろいろ思うんだが。
 いちおう、観客ゼロでビデオカメラだけに向かって講義したことが何度かあるので覚悟はしているけれど、ジュンク堂書店ロフト名古屋店さんの手前、それなりにお客さんが来ていただかないと、次が開きにくい。
 胃がきりきり痛んでいるでござる。

honto.jp

【一般公開・シェア希望】岐阜ダルク後援会についてインタビューを受けてきました

自己顕示欲を隠さない輝一郎ですが、今回は自分の話ではありません。
薬物依存症リハビリテーションセンター・NPO岐阜ダルクの支援団体・岐阜ダルク後援会についての解説が中心です。
1)ダルクには金がない
2)依存症に対する関心がひくい
といった話。
40分ほどの動画ですが、パワポを2画面で字幕のように使っているので、そう退屈はしないはずです。

収録日 2017年8月17日
収録場所 愛知県西尾市
     フレーバーコーヒー 収録スタジオ
出演 聞き手 ダルク家族相談室 繁原賢吉(精神保険福祉士)
   話し手 鈴木輝一郎(岐阜ダルク後援会 広報担当)

技術 中川正志(フレーバーコーヒー)

聞き手のダルク家族相談室の繁原さんは十数年前から薬物依存症リハビリテーションセンター・ダルクの支援をしておられるかたです。
ネット放送局『フレーバー放送局』の中川さんとともに、愛知・岐阜・三重などのダルク関係者とのインタビューを配信し続けておられます。

ちなみに「ダルクには金がない」という話をしたところ、収録後、岐阜ダルクへのご寄付をいただきました。ありがとうございました。

岐阜ダルク後援会 広報担当 鈴木輝一郎

youtu.be

【鈴木輝一郎小説講座動画ダイジェスト】怪談を書くときに気をつけていること【ゲスト川奈まり子】

綿密な取材、裏取り取材をすることで作品に広がりができる、という話。

 

受講受付随時 電話 0120-670-877 担当 川島 

鈴木輝一郎小説講座は全国屈指のプロデビュー率。受講受付随時。ネット対応で世界中どこからでも受講できます。

受講受付随時 電話 0120-670-877 受付時間 10:00~18:30 担当 川島

 

鈴木輝一郎小説講座 2015年度の受講生実績はこちら>

https://www.facebook.com/kiichirosjp

 

「知らない相手に電話するのは抵抗ある」という人のためにネット申し込みにも対応しています。Web受付はぎふ中日文化センター>新規会員登録からどうぞhttp://www.chunichi-culture.com/center/gifu/

 

鈴木輝一郎小説講座動画ダイジェストチャンネルはこちら>

https://www.youtube.com/user/kiishirosjp

youtu.be

五十嵐 貴久著『超・戦略的! 作家デビューマニュアル』、とりあえず手にとってみよう

五十嵐 貴久『超・戦略的! 作家デビューマニュアル』(PHP新書)読了、感想。小説の書き方ハウツー本です。限られた紙数のなかでよくこれだけいろいろまとめられたなあ、というのが率直な意見です。

 

印象としては、「読者ウケはするだろうけど、実際にこれでデビューできるだろうか?」ってところですか。小説を書こうという人は「新人賞の傾向と対策」に熱心で、「プロットの立て方」に強い興味を持つ傾向があり、国語の勉強や登場人物の履歴書づくりといった地味なことを嫌う傾向が顕著なんで。

 

実際に未発表の原稿をどっさり目にしてみると、傾向と対策ばかりに熱心で、小説に対する愛や情熱を忘れているケースはけっこう読み手に伝わる。2017年の新人賞は「受賞作なし」が続いているけれど、その原因はやはり基本的なことをおろそかにしていること、小説に対する愛と情熱を忘れていることに尽きるんじゃないかしらん。

 

なんだか、あまり褒めていないような書き方をしてますが、とりあえず手にとって読んでみる価値はあります。

amazonへは下記。

http://amzn.to/2w2LZKe

2017年8月9日(水)小説の新人賞を受賞するためには自分の実力を正面から受け止めよう

終日、鈴木輝一郎小説講座の受講生の講評原稿に目を通してコメント書いてメール。
日本語がおかしくて何が書いてあるのかわからないケースや、「下手」という水準にも達していないのでコメントしようがないケースはけっこうある。
うちは遠回しに言うことはせず、はっきりその旨、伝えることにしています。
 
日本語がおかしいのに小説家を目指すのは恥じゃない。「下手と呼ぶには下手に失礼」という筆力で小説家を目指すのは無謀じゃない。
日本語がおかしいことは、伝えたいことがないこととは違う。ちゃちゃっと日本語のおさらいをすればそれですむ。
「下手」という水準にも達していないのは、数を書けばそれなりになってくるし、書き上げることができれば長所や短所の洗い出しができる。
 
とはいえ「自分の筆力」をはっきり指摘されたとたんにやめてしまう受講生はけっこうな割合でいるけどね。
 
あと、鈴木輝一郎小説講座は添削講座ではないので、できるだけ受講生の作品について言及しないようにしてる。そのほうが伸びるんで。
ただ、「作品について何も言わない」ことを不満に感じてやめてしまう受講生も一定数いる。人間、自分が言ってほしい答えがかえってこないと「答えてもらっていない」と思うものだわさ。
 
誤解するひとがちょいちょいいるんだが、鈴木輝一郎小説講座は天才を発掘する場でもなければ名作の書き方を教える講座でもない。
「新人賞を受賞してプロデビューするための講座」
新人賞はしょせん新人賞なんで、高度な話はしない。
日本語で書きましょうとか、登場人物の履歴書をきちんとつくりましょうとか、取材をきちんとしましょうとか、ミステリだったら刑法・刑事訴訟法の勉強をしましょうとか、そんな基本的なところっす。
 
小説を書いて一発当てようという人は、わりと地道なことを嫌うタイプが多いので、ここらへんの基本的なことをやっとくとけっこう簡単に新人賞をとることはできる、ってことです。
 
みんな、自分を知って、ひとつずつやってゆこうよ。
 

2017年8月6日(日)取り調べ室ではありません

2017年8月6日(日)取り調べ室ではありません
昨日の大阪創作サポートセンターの講座「『犯罪者』をめぐる現実と創作」講座DVDをチェックして反省会。
ウケるところは狙いどおりウケていて安心。「えーあー症候群」はクリアしてました。やはり入念なリハーサルは大切。
弁護士先生とのツーショットがえもいわれぬ空気をかもしだしているでござる。
西村健先生は全身から「弁護士です」オーラが出ているのに、ぼくの不審者感はなんなんだろう。
アメリカのドラマでは逮捕されると取り調べ室で弁護士が同席する(日本ではあまりないことらしい)。
まるで、ぼくが逮捕されて西村先生が立ち会っているような……

f:id:kiichiros:20170807111013j:plain

2017年8月5日(土)刑事弁護士とはどんな人だったか

今日は大阪・創作サポートセンターの講座で大阪。

西村健先生という、刑事弁護と裁判員裁判の専門家に公開でインタビュー。

「『犯罪者』をめぐる現実と創作」というテーマ。刑事弁護を専門にやってる先生に会うことは珍しいので楽しみ。

ってか、「対談相手はどんな人がいい?」とリクエストがあったんで「刑事弁護士」と答えたら、本当にそういう人を見つけてきた。おそるべし大阪サポセン。

 

午前7時半米原で新幹線連絡待ち。30分待ち合わせて新幹線新大阪まで30分乗るくらいなら在来線で行っても変わらないんだが、シャトル切符の仕様だからしゃあない。

大阪は土地勘がまったくないので四苦八苦。とにかく会場の隣のレストランで同業者知人と待ち合わせ。

ランチ食いながらレジュメを読み上げてゆき、チェックしてゆく作業。質問事項の順番の入れ替えやわかりにくいところのチェックなどなど。

 

1時20分に西村先生、大阪創作サポートセンターの事務局さんと打ち合わせ。事前に創作サポートセンターから渡された「前回の質問の積み残し」にざっと目通し。質問をみると質問者の層がわかるのと、「本当に必要な回答」がみえてくるしね。

2時に会場で自分の復習用のビデオをセットし、2時半本番。

 

客席は50席。てっきり小説講座だとおもったら、半分は小説を書かない人だとのこと。

小説を書かないのに刑事弁護とか犯罪者とか創作について関心がある人がこんなにいるのか、と驚くことが第一。その層はまったく想定していないのと、想定できない層に向けて漠然と話しても焦点がぼけるだけなんで、小説家志望者向けにミステリの基礎講義としての刑事弁護の話をすることに的を絞ることに割り切ることに肚をくくったことが第二。

 

講座は2部構成。

西村健先生への質問。西村先生個人への質問と、刑事弁護全体についての質問。

後半は休憩時間に提出された質問への回答。

 

講演の詳細はパスですが、西村先生の仕事での喜怒哀楽の対象のほとんどが、依頼人に向けてではないこと、あと、「刑事弁護士は、意外と依頼人との間に距離を置いているんだなあ」というところが意表を突かれました。ここらへんはプロフェッショナルですな。

ぼくにはとても実りの多い講座でした。客観的にみて面白かったかどうかは、帰宅してビデオをチェックしてから。

 

早めに帰るつもりで打ち上げから離脱したんだが、線路に人が降りたとのことで米原駅で遅延45分。米原駅でつごう105分足留め。

大垣・米原間在来線30分、米原・新大阪間新幹線30分。

待ち合わせ時間が乗車時間よりもながい。

 

ぐったり帰宅してデータをPCに吸い上げてDVDの編集作業をPCにまかせて就寝。